レイク お金を借りる

MENU

レイクでお金を借りるには?

貸金業法の改正前は、消費者金融の「レイク」として貸金業を営んでいましたが、貸金業法の改正後は新生銀行に店舗や人員、業務体系などすべてを新生銀行に譲渡し、新生銀行のカードローン「レイク」として事業を続けています。
レイクは新しく新生銀行のカードローンとして事業展開することになったことから、貸金業法の総量規制対象外となり無収入の専業主婦も利用できるようになりました。
これまでは新規顧客の獲得数が10万人前後であったのを5年後は17万人〜18万人を目標にするといった打ち出をしているため、審査内容がかなり柔軟になっているようです。

 

[レイクの利用条件]

●申し込み資格  年齢20歳〜70歳未満の安定した収入のあるかた。
●融資限度額   実質金利4,5%〜18,0%、融資限度額1万円〜500万円まで
●即日融資    最短即日可能
●返済方式    残高スライドリボルビング方式、元利定額返済方式
パートやアルバイトでも安定した収入があれば申込できます。

 

[レイクの申込から融資までの流れ]

レイクの申込方法は、他のキャッシング会社とほとんど変わらず、インターネットからの申込み方法と無人契約機からの申込方法があります。
インターネットからの申込は14時までに契約を終えていれば、最短その日に銀行の指定口座へ振込をしてもらえます。
また、即日融資で申込むときは、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)のどれかひとつを持参し、無人契約機から申込みをすればカードの発行をしてもらえるので、カードを使って提携コンビ二ATMからお金を引き出すことができ、手数料無料で利用できるので、無駄な経費がかからないのもうれしいですね。

 

[レイクのサービス]

レイクにはふたつの「無利息期間」サービスがあります。
無利息期間が利用できるのは、初回の利用時だけになりますが5万円以下の借入は180日間、200万円以下の場合は30日間の無利息期間が利用できます。

 

新生銀行カードローンの「レイク」の評判は口コミ情報などを見ても契約にかなり積極的で、前向きな審査傾向が見て取れるので、他社で断られたからといってあきらめずに、銀行のカードローン選び方ならレイクで申込を考えてみてはどうでしょうか。

ログインすればレイクはさらに使えるキャッシング

レイクにログインをして会員サービスを受けると、さらに便利なキャッシングに変わってきます。
まずは会員サービスメニューをご紹介しましょう。

 

確認することができるメニューがあります。
・取引状況
・Web明細
・情報の確認と変更(住所、携帯電話、勤め先、連絡先、メールアドレス、カード暗証番号、即日振込み用金融機関)

 

借りるためのメニューがあります。
・即日振込み
・利用限度額アップの確認、申込み
・預り金の返却

 

返済するためのメニューがあります。
・Web返済
・Web自動引落し
・銀行振込みでの返済
・返済予定の確認、登録

 

証明書・契約書のメニューがあります。
・収入証明書類の提出
・契約書の控えをダウンロード

 

サポートメニューがあります。
・友達紹介特典
・お知らせメール
・クイックログインの設定
・カード停止
・お問合せフォーム

 

これだけのサービスを会員サービスとして受けることができます。
銀行ではあるものの消費者金融として長年運営してきたレイクだからこそこれだけのサービスの提供ができています。
このくらいのことは一般的と思われるかもしれませんが実はそんなことはありません。
銀行としてこれだけサービスを充実させているところはありませんし、なによりも消費者金融としてもこれだけの提供はありません。
店頭窓口に足を運ぶか、問い合わせをして対応してもらうことが多くなるでしょう。
忙しい時にも携帯電話やスマートフォンからログインをして利用することができるサービス、活用していきましょう。

キャッシングで利用停止になる理由

消費者金融やクレジットカードでキャッシングをしているとき「キャッシング枠利用を停止します」という通知を受け取ることがあります。

 

このような通知を受け取るときは、総量規制の制限からその人の借入れ額の総額が年収の3分の1を越えそうなときやあるいはこえてしまったときは利用停止の通知を受けます。

 

次に、延滞などを起こしたとき、利用者の返済能力に問題があると判断されたときです。
この場合、本人も心当たりがあるのでわかりますが、延滞などがなくてもキャッシング会社独自の判断で停止になることもあります。
停止になった理由を聞いても、キャッシング会社が停止の理由を教えてくれることはないようですが、たとえば他社のカードを新規で作るといった何らかの根拠があってそうなるようです。

 

突然こんな通告を受けてしまったら誰でもなぜなんだろうと考えますが、クレジットカードの場合ならキャッシング機能が使えなくなっただけで、ショッピング機能はそのまま使えるので、まあいいかという人もいるでしょう。
しかし、キャッシングで月々の足りない分を補うような生活をしているとすれば、どんなカードであれお金が借りられなくなると、たちまち当月からの返済ができなくなります。

 

キャッシングは誰でも簡単にできるようになりますが、こういったことにならないように借入をするときは返済計画を立てて、無理のない返済が続けていけることでこのような事態を回避することができるので、借入前には「返済シミュレーション」などを利用して、無理のない返済計画を立てることが重要になります。